短小包茎の悩み

短小包茎

男性器の悩みの1つが短小包茎と言われています。
これは早漏・包茎と並ぶ3大コンプレックスのうちの1つです。

女性からは、勃起時のペニスの長さが十分にないため、セックスの挿入時に気持ちいい部分に当たらず満足できない、包茎なので衛生面で汚いイメージがある、という意見が多数あります。

また、同級生や友達、会社の同僚などと旅行に行った時に、一緒にお風呂に入りたくない、トイレでおしっこをする際に、隣の人の目線が気になる、など悩みは尽きないでしょう。

自分は短小包茎なのかどうかの判断

日本人のペニスのサイズは、通常時が平均8cm、勃起時が平均13㎝と発表されています。
このサイズよりも大きく下回っている場合は「短小」と判断されるでしょう。

日本人男性だと約10~20%が「短小」に分類されると言われています。
さらに、日本人男性の4分の1は包茎と言われていますので、「短小包茎」に該当する人は全体の数%ということになります。

改善方法、治し方

短小包茎を改善する方法としては、長茎術の手術を受ける、専用のサプリを服用するなどの方法があります。
しかしながら、長茎術はリスクがあり、成功したとしてもペニスの長さがあまり変わらないというデメリットがあり、サプリはほとんど効き目がない場合が多いです。

そのため、一番の改善方法は、亀頭増大+包茎手術を受けることです。

特に、包茎に関して、真性包茎、カントン包茎、重度な仮性包茎は、それだけでさまざまなリスクがあり、即刻手術を受ける必要があります。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する


世界のペニスサイズ

外人のペニスサイズは大きいという印象がありますが、日本人のペニスサイズは世界各国のそれと比較して、どれぐらいの違いがあるのでしょうか。

下の表は各国のペニスサイズの調査結果です。

世界のペニスサイズ
※スペイン治療機器メーカー『アンドロメディカル』発表

この結果からすると、一番大きい国はフランスということになります。通常時12cm、勃起時16cmですね。
日本のランキングは10位で、意外な結果かもしれませんが、アメリカよりも大きいことになります。

世界でもそれほど小さい部類に入らないので、短小包茎の方はかなり恥ずかしい大きさに分類されてしまうことになることがわかるでしょう。

このようなことから、短小包茎の方は現状のままだと何一ついいことはありませんので、素早い治療をおすすめします。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 仮性包茎の疑問と治し方
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎だとなりやすい病気とは?
 >> こちらもチェック ⇒ 女性は包茎に関してネガティブ
 >> こちらもチェック ⇒ 亀頭増大とは


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<