真性包茎とは

真性包径

平常時も勃起時も亀頭部分が常に包皮に覆われており、包皮を手で剥こうとしても容易に剥けない状態が真性包茎です。
つまり、皮が常に亀頭に被ったままの状態ということです。

排尿口として包皮の開口部が見られる場合もありますが、亀頭の先端部分よりも小さいために、無理に剥こうとすると激しく痛みを感じたり、包皮を傷つけて出血を伴うこともあります。

包皮と亀頭の癒着は成長期の中学生から高校生ぐらいの間に自然と剥がれていきますので、大学生や20代になっても包皮が剥けない場合は、真性包茎の可能性が極めて高いということになるでしょう。

真性包茎でもセックスはできる?コンドームはつけるべき?

真性包茎の人もセックスは可能ですが、包皮が常に被っており不衛生であるため、感染症や相手女性の子宮がん、子宮頸がん、卵巣がんなどを誘発する可能性もあり、絶対にコンドームはつけるべきです。
しかしながら、勃起時に皮が剥けないため、挿入時に皮が引っ張られて激しい痛みを感じ、うまく挿入できないことが多いです。
また、包皮に覆われている関係で、射精しても子宮に十分な量の精子が届かず、不妊の原因にもなります。
そのため、真性包茎のままセックスすることは、何一つ良いことはなく、悪いことしかありません。

真性包茎は治療や手術が必要?

真性包茎は包皮と亀頭部分の癒着が成長期が終わっても剥がれず、平常時でも手で剥けないことが原因です。
そのままにしておくと様々なデメリットがあり、治療に医療保険が適応されるほどですので、治療や手術が必要不可欠であることは明白でしょう。
特に、以下のデメリットがあります。

・亀頭から悪臭がするようになる
・亀頭包皮炎、陰茎ガンなどの重い病気になる可能性がある
・相手女性の不妊症の原因になる
・勃起時に痛みを伴うようになり、いずれセックスすることができなくなる

そのため、一刻も早い治療・手術が必要となります。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 仮性包茎の疑問と治し方
 >> こちらもチェック ⇒ カントン包茎の疑問と治し方
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎だとなりやすい病気とは?
 >> こちらもチェック ⇒ 女性は包茎に関してネガティブ


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<