シリコンボール挿入とは

シリコンボール

男性の性器改造の中でも、特に目立つものと言えばシリコンボール挿入です。
シリコンボールを皮膚の内部に埋め込むことで、女性とのセックスのとき、ピストン運動で今まで以上に刺激を与えられるのが大きな特徴です。
今まで以上の劇的な刺激を女性に与えたいと考えている男性や、そんな新たな刺激を体験してみたい女性から希望されてクリニックを受診する男性もいます。
シリコンは柔らかい物質で、日常生活でもケースやカバーなどの製品としてなじみのあるものです。
また、美容整形でも豊胸術で使われることがあり、メジャーとなっています。
体内に埋め込んでも品質が変わることもなく、人体にも無害な点が魅力です。

シリコンボールは手軽で効果絶大!

直径が数ミリのシリコンボールを1個から10個、お望みに応じてカリクビの下の陰茎の細くなっている部分に埋め込みます。
埋め込みの際、皮膚を切開しますが、挿入自体は非常に簡単なため、手術の時間も短く、体への負担が少ないため注目を集めている施術です。
シリコンボールを挿入すると、その部分がくっきり浮き上がったようになります。
陰茎が勃起した状態でさらにシリコンボールの丸いふくらみを見せると、女性はそれだけでいろんなことを想像して、濡れやすくなることもあります。
セックスはピストン運動による直接の刺激だけでなく、挿入する前の頭でのイメージも大きく影響してくるものです。

シリコンボールが人気の理由

シリコンはやわらかいですが、陰茎の内部に埋め込むと、男性が勃起した際、コリコリした感触となり、女性にはちょうどいい刺激となるのです。
シリコンボールは体内でそのまま残るので、もし挿入後にもう少し刺激が欲しいと思ったり、反対にもう少し刺激を抑えたいと思ったりした場合は、いつでも簡単に数を追加したり減らしたりが可能です。
数を自由に調整して感じ方を変えることができるのが、シリコンボール挿入が人気となっている理由とも言えます。

 >> こちらもチェック ⇒ 長茎術を徹底解説
 >> こちらもチェック ⇒ 亀頭増大を徹底解説
 >> こちらもチェック ⇒ 早漏治療を徹底解説
 >> こちらもチェック ⇒ パイプカットを徹底解説


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<