数多く実施されている亀頭直下法

種類

手術と一言で言ってもさまざまな方法があります。
中央部環状切開縫合術や根部形成法、クランプ法などがありますが、最近多く実施されているのは亀頭直下法です。
亀頭直下法は、勃起した状態で余っている包皮のうち、先端に近い部分を環状溝の位置にうまく収まるように切除する方法です。
切除に高度な技術を要しますが、術後の見栄えが良いため人気の手術です。
切除した後の包皮を縫い合わせる場所が環状溝の部分で、傷あとが見えにくいのがメリットです。
包皮の端の部分を切除するため、ツートンカラーにならず自然な仕上がりとなる点もメリットです。
医師の技術力がはっきり現われる手術なので、担当医師によって出来栄えも大きく変わります。

中央部環状切開縫合術

一方、中央部環状切開縫合術は、包皮の中間部分を切除する方法です。
昔は一般的に行われてきた手術方法ですが、縫い合わせる場所が包皮の先端部分と根元部分となるため、急激に包皮の皮膚の色合いが変化するツートンカラー状態になります。
手術により亀頭部分はきれいに露出しますが、ツートンカラーの状態で、包茎手術の経験があることが一目瞭然となるため、新たなコンプレックスともなる可能性があります。
現在では手術例が少なくなってきています。

根部形成法

根部形成法は、中央部環状切開縫合術と異なり、陰茎の根元付近で包皮を切除する方法です。
縫い合わせる場所が陰毛で隠れる部分となることから、傷あとが目立ちにくい点がメリットです。
ただ、陰茎の根元付近は血管に神経が集まっているため、手術は難しい場所です。

クランプ法

クランプ法は、特殊な器具を使ってする手術です。
亀頭部分にキャップ状の器具を取り付けて包皮ですっぽりと覆います。
その上からリングを載せてリングのラインに沿って包皮を切除する方法です。
手術としては簡単なため、短時間で終わるのがメリットです。
その反面、傷あとが目立ったり、縫い合わせる場所が硬くなったりすることもあります。

 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術を受ける前にするべきこと
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術当日と手術後の対応ついて
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術には切らない治療法もある
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術に関するよくある質問をまとめました


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<