手術する時の麻酔と痛みについて

包茎手術の麻酔

包茎クリニックでいざ治療を受ける際に、一番気になることは手術の際の「痛み」ではないでしょうか?

包茎手術を受けるために、その痛みを和らげる「麻酔」は欠かせません。
麻酔がしっかり効いているからそこ、手術の痛みを感じることなく受けることができます。
誰でも手術となると緊張しますし、痛みに関しての不安要素は必ずあるはずです。
また、麻酔自体も、ペニスに注射を打ってすごく痛いのではないかと不安な方は多いでしょう。

しかし、安心してください。

そのような手術中の痛みを解消するべく、様々な種類の麻酔が用意されていますし、麻酔の注射自体も痛みがないように考えられていますので、安心して手術に臨めるようになっているのです。

その中で、最近主に使われる「表面麻酔」と「局所麻酔」がありますので、それらを解説していきましょう。

表面麻酔

この麻酔は皮膚の表面から麻酔液を体内に浸透させるものなので、注射をすることなく、麻酔を効かせることができます。
そのため、注射での痛みもありません。
方法としては、麻酔薬を染みこませたガーゼを皮膚の表面に塗る方法と、冷却スプレーのようなものを皮膚の表面に噴きつける冷却法があります。
表面麻酔だけでも手術はできるのですが、ほとんどのクリニックではより確実に痛みがないように、次の局所麻酔も合わせて行っています。

局所麻酔

注射をして麻酔を効かせるもので、一般的にイメージされる麻酔の方法です。
実際にペニスに注射を行います。
注射の時のチクっとした痛みがあるため、ほとんどのクリニックでは、前述の表面麻酔を効かせてペニスの感覚が麻痺してから、注射を行っています。
これですと、注射の痛みもなく、より確実な麻酔を効かせることができます。

以上のような麻酔の種類がありますが、基本的に日本の麻酔技術は優秀であるため、表面麻酔+局所麻酔で確実に痛みをなくすことができます。

思っていた以上に、まったく痛みもなく、あっさり手術が終わってしまうことを実感できると思います。

ですので、痛みに不安な方は、そのような心配することなく、安心してクリニックに相談してみましょう。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術の4つの方法
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術を受ける前にするべきこと
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術当日と手術後の対応ついて
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術に関するよくある質問をまとめました


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<