メスを使わない治療法とは

切らない

包茎の治療は、一般的には余分な包皮を切除する外科手術を受けることが多いのですが、包茎の程度によっては、切らずに治療できる場合もあります。
たとえば勃起時に亀頭部分が完全に露出する仮性包茎の人のうち、通常時には尿道口は見えているが、亀頭部分が半分程度包皮に覆われてしまう対応の人は、切除手術なしに治療が可能となっています。
つまり、軽度な仮性包茎の人がメスを使わない方法で治療することが可能なのです。
切除の際に包皮にメスを入れるのがこわかったり抵抗を感じたりする方や、切除手術により傷あとが残ることを心配される方は手術をしない方法を選択できます。

メスを使わない治療法の特徴

メスを使わない方法は、亀頭部分にかぶさっている余分な包皮をむいた状態で、重ねるように縫い合わせる方法です。

縫合には特別なナイロン製の細い糸を使うので、治療後も目立つことがないのが特徴です。
メスを使った外科手術ではないので、傷あともなく、ツートンカラー状態で新たな悩みを持つこともありません。 施術にかかる時間は、約10分です。
通常の包皮を切除する外科手術に比べて料金が安い点もメリットで、気楽に受けられる治療方法です。

余分な包皮を糸で縫合するため、局所麻酔は施しますが、注射をする前に敏感な部分の感覚を鈍らせる働きのあるスプレーや低温の麻酔用のクリームなどを使うので、麻酔注射の傷みもそれほど感じることなく治療を受けることができます。

入浴は縫合治療の当日から可能なので、夏場でも安心して受けることができます。
縫合箇所の状態が安定したら、治療から1週間程度経過した後でセックスも可能です。
事前のカウンセリングは、外科手術のときと同じように丁寧に実施します。
外科手術と手術が不要なこの治療法のどちらが適切かについてもカウンセラーと相談しながら決めることができます。
また、術後のアフターケアも万全な体制が整えられています。

 ⇒ メスを使わない治療法が可能な包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術の4つの方法
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術を受ける前にするべきこと
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術の費用に医療保険は適用される?
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術に関するよくある質問をまとめました


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<