手術後の痛みについて

手術後の痛み

手術時の痛みは、麻酔技術の進歩によって、現在はほとんどないことは解説したかと思います。

では、手術後の痛みはどうなのでしょうか?

手術を無事に終えた後は、晴れて明るい生活が待っていますが、術後の痛みがどれぐらいなのか、どの程度続くのかは不安なところだと思います。

手術後の痛みとしては2種類に分かれますので、それらを解説していきます。

麻酔が切れた後の手術箇所の痛み

切らない手術の場合は別ですが、通常の包茎手術は外科手術であり、皮を切っているわけですから当然ながら無痛ではありません。
手術時は麻酔により痛みは全くありませんが、術後に帰宅した後に、徐々に麻酔が切れ始めると縫合部を中心に痛みが出てきます。

我慢できる軽い痛みの場合が多いので、そのまま我慢してしまう人が多いですが、和らげたい人は、クリニックから処方された痛み止めの鎮痛剤を使えば治まりますので全く問題ありません。

個人差がありますが、手術箇所の痛みは1週間程度は続くと考えてください。

亀頭が露出したことにより、摩擦によって生じる亀頭の痛み

手術後の痛みとして大きいのはこちらの痛みになります。

真性包茎やカントン包茎だった人は、今まで亀頭が包皮に覆われており、一度も露出していなかったわけですから、外部の刺激が始めてなわけです。
亀頭が非常に敏感な状態になっているため、下着と擦れることが続くと、ヒリヒリとした痛みを感じことになります。
仮性包茎だった人は、手術前から自分で包皮を剥いて、外部の刺激に慣れさせておくのも1つの手です。

ただ、これはもう慣れの問題ですので、徐々に刺激になれていき、痛みも治まっていきます。
目安としては2〜3週間といったところでしょうか。

手術後3〜4週間はセックスやマスターベーションもせずに安静にする必要がありますので、どちらにしろ刺激に慣れることが優先になります。


以上のように、手術後も激痛などがあるわけでもなく、ヒリヒリ程度の痛みを感じるのみになります。
そして、これらが治まる頃には、晴れて生まれ変わった生活が待っているのです。
特に不安がることなく、いち早くクリニックに相談することから始めましょう。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術の麻酔方法とその痛みは?
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術当日と手術後の対応について
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術に関するよくある質問をまとめました


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<