仮性包茎とは

仮性包径

普段は包皮に覆われていますが、平常時、勃起時ともに容易に皮を剥くことが可能で、痛みが伴わない状態が仮性包茎です。
真性包茎に比べて包皮の開口部分が大きいため、手でむけば容易に亀頭部分を露出することは可能です。
すっぽり被ってしまっている状態、半分くらい被っている状態など、露出の程度は個人差があり、勃起するとほとんどの亀頭が自然に露出する軽度の仮性包茎、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎があります。
日本人の成人男性の7割前後が仮性包茎であると言われています。

仮性包茎は早漏になりやすい?

仮性包茎の人は普段から包皮に覆われているため、最も感じやすい亀頭部分を過保護にしており、刺激に慣れていません。
そのため、勃起時に皮が剥けて亀頭が外に出ると、刺激に耐え切れずに早漏になってしまいます。
中学生~高校生からオナニーを覚えますが、オナニーだけの訓練ではその早漏を解消することはできません。
一般的に、女性からは早漏は嫌われますので、放っておくことは避けた方がいいでしょう。

仮性包茎に対する女性の本音

女性紙の性に対するアンケートによると、大多数の女性が仮性包茎に対して厳しい意見を言っていることがわかります。

 「高校の時、彼氏が勃起しても剥けてなくてドン引きした!」
 「自分ではわからないかもしれないけど、相手からは臭い!」
 「舐めるなんて絶対無理。」
 「手術すれば好きなだけ堂々とHできるのに。」

などなどです。

以上のように、仮性包茎に対してネガティブな意見が多く、現在は、女性も包茎に対する知識が豊富で見ただけでわかりますので、早く治療や手術をするべき、との意見が多くありました。

仮性包茎は自分で治せる?

お風呂やトイレで剥く、テープで貼って固定するなど、自分で治すことを試みる人が多いようですが、これらは尿道からばい菌が入ってしまったり、かぶれてしまったりと、危険極まりない行為です。
効果があるわけでもなく、逆に病気や亀頭が変形してしまうリスクがありますので、絶対に止めましょう。
きちんとしたクリニックで治療を受けるべきです。
最近は手術をしなくても切らない治療法もありますし、未成年でも気軽に相談できますので、まずは一度クリニックに相談してみることをおすすめします。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 真性包茎の疑問と治し方
 >> こちらもチェック ⇒ カントン包茎の疑問と治し方
 >> こちらもチェック ⇒ 包茎だとなりやすい病気とは?
 >> こちらもチェック ⇒ 女性は包茎に関してネガティブ


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<