フォアダイスとは

フォアダイス

陰茎の包皮に出来たイボやブツブツのようなつぶのことを「フォアダイス」と言います。

その見た目から、よく尖圭コンジローマと間違われますが、フォアダイスは性感染症(STD)ではありません。自然な生理現象です。
尖圭コンジローマとの違いは、尖圭コンジローマはイボの先端がトサカ状で表面が滑らかでなく、大きさがまちまちなのに対して、フォアダイスは表面が滑らかで、つぶの大きさが揃っており、1ミリ未満の小さめなつぶになります。

性感染症ではないため、人に感染することもありません。
成人男性だと65%に現れる症状であり、女性にも発生する無害なものです。

真珠様陰茎小丘疹

これに似た症状で、「真珠様陰茎小丘疹(Pearly Penile Papules)」というブツブツもあります。

陰茎の外周やその付近に1〜2ミリ程度の大きさが揃った小さなつぶが配列しているものです。

フォアダイス
これもフォアダイスと同様に感染症ではなく、成人男性の20%に認められます。

フォアダイスと症状が似ているため、真珠様陰茎小丘疹(Pearly Penile Papules)も総称してフォアダイスと呼ばれることもあります。

治療方法

真珠様陰茎小丘疹やフォアダイスは無害なつぶですが、尖圭コンジローマと似た見た目から、性病を疑われたり、見た目もよくありませんので、女性から「気持ち悪い」と不快に思われることも少なくなく、治療を受ける男性は多いです。
また、一度フォアダイスが出来てしまうと自然に消えてなくなることはありませんので、気になってコンプレックスになるなら、取り除いてしまった方がよいでしょう。

よく、自力で治療しようとする人がいますが、絶対にやめて下さい。
爪切りやイボコロリで少しづつ除去しようとしても、血が出すぎて痛すぎるだけで、自力を試みた人のコメントは、どれも後悔と痛々しいものばかりです。
特に、ペニスはデリケートな部分ですし、失敗したら最悪SEXもできなくなるぐらいの後遺症を残してしまいますので、自分の判断で治療を行うことはお薦めしません。

きれいに、安全に、除去してもらうためには、やはりクリニックに相談するべきです。
性病ではありませんので、保険は適用されませんが、包茎手術と一緒にきれいにしてしまう人が多く、ほとんどのクリニックはセット割引がありますので、悩んでいる人はこの際に一緒に除去してしまうことをお薦めします。

彼女や奥さんに、手術したことも気づかれないぐらいにきれいになり、治療跡も残りませんので、手術した男性からは一様に除去してよかったとの声が挙がっています。

少しでも気になっている人はクリニックに相談してみましょう。

 ⇒ 安心の包茎クリニックに相談する

 >> こちらもチェック ⇒ 包茎手術の4つの方法
 >> こちらもチェック ⇒ メスを使わない包茎手術とは
 >> こちらもチェック ⇒ 長茎術とは
 >> こちらもチェック ⇒ 亀頭増大とは


>> 【2014年度】包茎クリニックランキングはこちら <<